ナルシアの涙と妖精の笛 ストーリー感想

ポポロクロイス物語 ナルシアの涙と妖精の笛のストーリー感想まとめです。

メインストーリーと、サイドストーリーを交互に書いていきます。
あらすじ→感想の順で書いていきます。サイドの1、6章は感想なしです。

 

第1章 妖精王のしらせ

第1話 旅立ち/第2話 出会い/第3話 ドンとゴン

 妖精王メディアから手紙が届き、ピエトロとナルシアは「ルーベンの森」へ向かう事になりました。

 トト・ゴンザレス、ココ・ドンペリオと、ドンとゴンの本名が出ていました。そんな名前だったのかと驚きです。ドンが、女好きになっていてショック。ドンは、タキネン村農家出身。皆を守り、母を楽にさせたくて兵士になったそうです。ゴンの家系は、代々兵士だそうです。初耳。
 ロリエレナ姫と新キャラのルンナちゃん、可愛いですね。ルンナの両親は魔法使いだそうです。
 氷の魔王って、封印しましたっけ?覚えていないので暇なときに、PS版をもう1度プレイしてみます。

(2018/6/6)

Side 第1章 神の使徒

第1話 神/第2話 奇跡の人/第3話 妖精族の笛/第4話 光の種/第5話 聖戦

 岩と砂漠に覆われた大陸・ネクロシアには、西の海に面した「オルデアン王国」と内陸部の「モルグ皇国」がありました。聖地ビルカ村の民が、モルグの神に祈りを捧げると神の使徒と名乗るデイモスが現れ、3ヶ月も雨が降らなかった村に、雨が降り始めました。
 モルグ皇国のバラン国王は、デイモスの奇跡を見ようと城へ呼び出します。謁見の間に雨を降らせる、デイモスを信じた国王は、デイモスを側に仕えさせます。オルデアンとモルグは、一つになるべきと進言するデイモスに従い、国王は、オルデアン侵攻を決めます。
 ビルカ村にデイモスが再び現れ、7人に闇のあるところに植えて欲しいと、光の種を渡します。ザマドは、氷の魔王を光で浄化するため、ユリウシア大陸へ向かう事になりました。
 オルデアンのアデス国王の元に、モルグが攻めてきたと報告があり、国王はオルデアンの民と、リリア姫を、ユリウシア大陸へ逃すように命じます。

(2018/8/8)

第2章 海から来た異国の民

第1話 港町パーセラ/第2話 パーセラのヴァルナス杯/第3話 歌と踊りのロマーナ王国/第4話 ネクロシアの民/第5話 その名は、ザマド

 ロマーナには、オルデアン王国からの避難民が押し寄せてきています。城門の外にいるオルデアンの民達が、モンスターの襲撃を受けますが、警備隊とピエトロ、聖地ビルカのザマドにより守られました。

 既に婚約していた、ピエトロとナルシア。結婚してピノンが産まれて、ピノン8歳で大冒険がPS2の話。ピノン世代も出してほしいところ。
 コンラッドの妹セレスティナ(以下、セレ)。眉毛が太くなければ好みです。セレに言われて、王子と気付くナターシャさんの反応が可愛い。ナターシャ姉は、城に勤めている兵士だそうですが、妹は王子の顔を知らないんですね。ナルシアファンの、アルフォンスさんも登場。
 3話からジルバ姫が登場!いまだにピエトロ王子が好きなようです。ジルバの名前が出た途端ナルシアが不機嫌になります。ジルバは、女王様からの言いつけでロマーナから離れられない様子。ツイテキテホシカッタ。ロマーナ騎士団は、露出しすぎです!
 ザマドの妹ルチアは、亡くったそうです。名前が出るという事は、生きてそうな気がしますが…。

(1~4話 2018/6/1、5話 6/6)

Side 第2章 妖精の笛

第1話 予感/第2話 悲しき笛の音/第3話 ルチア

 バラン国王を心配するササーレ大臣から、国王は笛の音が好きと聞いたデイモスは、妖精の笛を持つビルカ村のルチアを、侍女として連れて来る案を出します。ルチアはデイモスから、光の種をバラン国王に植える役目を与えられていました。バラン国王の前で、笛を吹くルチア。王の傍に近付くと、王に光の種を植えます。
 デイモスは鎌で大臣とルチアを殺し、二人は闇に堕ちた妖精族に操られたと嘯きます。信じた王は、アーロンの森に火を放つよう命じます。止めようとしたアルマ王子は、牢屋に入れられてしまいます。
 ルチアの兄、ザマドを含む、ビルカ村の仲間たちは不思議な力で、ルチアの死を感じ取ります。ロマーナについたザマドは、モンスターに襲われていた避難民を、ピエトロ達と共に助けました。ピエトロと別れたザマドは、北へ向かいます。

 デイモスが闇の使者というのは、サイドの1章2話で既に暗示されていましたが、個人的には、分からない方が面白いと思います。大臣も怪しく見えていたのですが、国王を心配するいい人でした。

(2018/8/8)

第3章 ルーベンの森

第1話 ロマーナ北の関所/第2話 ボーデン村/第3話 アルトホーホの大草原/第4話 ルーベンの森/第5話 妖精王メディア/第6話 森を離れて/第7話 ボーデン村の攻防

 ルーベンの森へ辿り着いた、ピエトロとナルシア。側近のシーリスとフォリアに案内され、妖精王メディアと謁見します。メディアは、ネクロシア大陸アーロンの森の妖精王エイルと会って欲しいと命じます。メディアとエイルは、互いの声を交わす事ができるが、ある時からエイルの声が届かなくなったそうです。

 関所に書かれている魔除けの紋様は、お土産にもなっているようです。PS版は、お土産集めが楽しかったので、スマホ版でも出してほしい。ピエトロのお土産部屋とか作って、イベントとかで集められると最高かな。
 ポポローグの傭兵としてお世話になった、ダイソンさんが2話に登場。ダイソンは、ボーデン村出身のようです。
 3話で、キララさんが登場!中の人が好きなので、楽しみにしていたのですが、フルボイスではないので、喋らない悲しみ。公式はドン×キララ推しのようです。
 シーリスが、ナルシアに攻撃をしかけたのは、かつて妖精城が襲われた原因を作り、その際にシーリス妹が、巻き込まれたからだそうです。Ⅱの出来事も殆ど覚えていないので、そのうち再プレイしたいところです。
 月の掟で、(森の妖精は海に入ると泡に、海の妖精は陸に上がると砂になる。)森の妖精王メディアの娘ナルシアも海を渡るのは厳しいと思ったら、なんと月の掟が無効な人間に変身できる黄金の鍵、再登場。ナルシアが、かつて海に捨てたものとは別物っぽい。
 ポポロの世界では、七つの大陸があり、それぞれに妖精王がいるらしい。スマホ版が始まるまでは、森メディア、海セレーネ、闇ゼフィスの3人だけだと思っていましたが、そんな事はなかった。もしかして海にも7人いるのかしら…。

(1~4話 2018/6/6、5~7話 6/19)

Side 第3章 未来を探す者たち

第1話 影の中の光/第2話 モルグの牢獄/第3話 オルデアンの王/第4話 ザマドの叫び

 モルグ皇国にて、牢屋に閉じ込められたアルマ王子。同じ牢屋に、鬼面童子がいました。鬼面童子は、修行で強い者と闘うため、ネクロシアまで来たものの、怪しい者として捕らわれていました。鬼面童子を追いかけて来た、カエデが牢屋を開け、3人は牢獄を抜けます。
 ザマドは、北の大地の氷の魔王が封印された祭壇に、光の種を乗せました。すると闇が広がり、氷の魔王が復活してしまいました。デイモスが光の種と呼んだ物は「闇の種」で、力が解放されれば闇の種を持つ仲間は、闇の力で命を落とす。氷の魔王は、ザマドに、千年月食の儀式に捧げる、竜の血を持つエレナ姫を連れて来るよう命じます。

 鬼面童子は、Ⅱでピエトロと旅をしたお方です。カエデは、スマホ版の新キャラ。牢屋の中に入って閉じこめられましたが、カエデが牢の隙間から出て、再度開けた模様。
 アデス国王とファウストは999戦して、ファウストが1回も勝てない強さ。ファウストは、毒を飲んでも腹を下すぐらいの不死身設定のようです。未だにファウストSSRが来てくれませんが、いつかは欲しい。
 アーシェラ、クロウ、ファウストは、オルデアンの三本槍と呼ばれているみたいです。不滅のアデス、不死身のファウスト。彼らがどこまで戦えるのか楽しみです。

(2018/9/8)

第4章 勇者たちの絆

第1話 早鐘/第2話 ロマーナ防衛戦/第3話 竜の血/第4話 冬の訪れ/第5話 ザマド/第6話 魔王の復活/第7話 千年月食/第8話 鋼の魔王/第9話 鋼鉄魔王大バトル!

 オルデアンから来たリリア姫は、ロマーナで避難民の保護と、援軍の要請をします。オルデアンには、ロマーナの水軍を送るようです。
 ヴァルナス杯の船を借りられないかと、パーセラへ向かうピエトロ達。突然の寒波のため、町も港も氷に覆われていました。ピエトロと、買い物に来たエレナが合流し、居合わせたザマドと宿を共にしました。夜が明けると、ザマドとエレナがいません。見かけた人の話では、ポポロクロイスから北の大地へ向かったそうです。
 ピエトロが城に戻ると、氷の魔王が復活するとギルダが告げに来ます。サニアは、1000年に一度の月食の夜に、竜の血を浴びたものは、無限の力を手に入れる話をします。エレナを助ける為に、ピエトロ、ナルシア、白騎士は北の大地へ向かいます。道中、ガミガミ魔王が現れ、バトルをすると同行を申し出てくれました。

 ジルバちゃん可愛いです。ロマーナの事を考えてセレンに意見を言う姿、立派です。ようやく登場した白騎士!白騎士は、目つきが悪いですね。思ったよりも背が高い。氷の魔王は、気持ち悪いデザインになっていました。ガミガミ魔王様は、相変わらず良いキャラですね。ザマドは、エレナを庇って死にそうな感じがあって怖い。この先どうなるのか…。
 ロマーナ城門前の戦いが長かったです。2話も使う必要あるのか…?ガミガミも、一つに纏めた方がテンポが良かった気がします。聖竜石が手に入るのは嬉しいですが…。

(2018/7/12)

Side 第4章 忍び寄る闇

第1話 アーロンの森へ/第2話 オルデアン炎上/第3話 闇の三銃士/第4話 暗躍/第5話 ロマーナ水軍

 モルグ兵により、火を放たれたアーロンの森。妖精に知らせるためアルマ王子と鬼面童子、カエデは森へ入って行きます。森に闇が満ち、弱い者からモンスターに変わっていきます。
 アデス国王の指揮のもと、港まで後退したオルデアンの兵士達。ロマーナ水軍を引き連れたリリア姫と護衛のアルジェが戻って来ました。ロマーナ水軍のイザベラ、ビョルク、コリン、デヴィッドも戦線に加わります。
 デイモスは、3人のしもべを呼び出し、ドルムにアデス国王を消す命を、ジェイドにアーロンの森を闇に染める命を、ロザリアには、側にいるよう命じました。

 敵ですが、ロザリアがちょっと好み。デヴィッドは初めて見ました。近いうちに実装来るかな。

(2018/9/8)

第5章 北の大地へ

第1話 吹雪の中で/第2話 ポポロクロイスの危機/第3話 守れ!ポポロクロイス!/第4話 それぞれの戦い/第5話 北の大地へ/第6話 氷の魔王/第7話 帰還、そして……

 千年月食は、世界の光と闇の均衡を保つために起きる現象のようです。不穏な気配が渦巻き、各地でモンスターが出没します。
 北の大地を進む、ピエトロ一向の前に、氷の魔王の城が見えてきます。城の祭壇では、氷の刃がエレナを貫こうとしていました。ザマドは、見殺しにできないとエレナを救います。ピエトロが祭壇の間まで辿り着き、氷の魔王と対峙します。
 氷の魔王を倒した、ピエトロの前にエレナが現れました。ザマドは姿を消していました。千年月食が終わり、ユリウシア大陸を覆っていた闇の気配が消えました。白騎士ガミガミ魔王と別れ、エレナを連れ城に戻った、ピエトロとナルシア。パウロ国王とサニア王妃に、ネクロシア大陸に向かう事を告げます。

 システム上仕方ないとはいえ、氷の魔王をあっさり倒しちゃいました。倒した達成感がないですね…。うちの子達強い!くらいしか感想がない。

(2018/8/8)

Side 第5章 妖精王の願い

第1話 燃える森/第2話 アーロンの森の妖精王/第3話 崩れる伝説

 アーロンの森にて、アルマ王子は、妖精王エイルと謁見する事になりました。妖精王エイルは、闇の意思カオスが、妖精王が交わす声を断ち切り、何かを企んでいると言います。エイルは、アルマ王子にアーロンの森が闇に堕ちる前に、竜の剣と使い手を城に導くよう命じます。
 オルデアンでは、アデス国王の前にドルムが現れ、絶体絶命の危機になっていました。

 妖精王エイルの見た目がケバイ…。帽子がメディアと似てますね。妖精のナダルとシャダの見た目が好み。仲間にしたいな。

(2018/9/10)

第6章 光を求めて

第1話 流されて/第2話 嵐の後に/第3話 ヴァルナスの船/第4話 ワニの島との別れ/第5話 さまよう想い/第6話 ザマドの密航/第7話 異変

 ビルカ村のラミアは、デイモスの使命で、エルドア大陸を目指していましたが、船が高波に巻き込まれて、クロコネシアまで流されました。エルドアへ渡る船がある、ロマーナへ行くために、ヴァルナス杯の船を造るクロコネシアの人々を応援します。満月が1度過ぎた頃、船が完成します。
 ロマーナ王国では、ザマドが、オルデアンに渡る船を探していました。補給のために戻ってきたブライアンの船が、ロマーナに着きます。オルデアンの姫が、樽の中に隠れてオルデアンまで密航した噂を聞いたザマドは、ブライアンの船に密航します。

 セレン団長は、ブライアンが好きなようです。そして6話で、久々にジルバちゃん登場!

(2018/9/10)

Side 第6章 熱砂の風

第1話 策謀の渦/第2話 シムーン襲来/第3話 森を抜けて

 デイモスが、ドルムとジェイドに状況を聞きます。ドルムによるとアデス国王が倒れ、オルデアンは戦火に包まれています。ジェイドは森に、抜け出る事のできない迷宮の罠を張りました。
 シムーンのカゼ、ソラ、スナが、バランに討たれた仲間の無念を晴らそうと、城に潜入します。
 アルマは、恋人ルチアの形見の笛を、元の持ち主シヴァに返しました。シヴァが笛を吹くと、闇に呑まれそうになった妖精の闇が晴れますが、ジェイドに見つかってしまいました。

(2018/9/10)

第7章 海路の果てに

第1話 平穏な時間/第2話 大切なもの/第3話 生き抜くために/第4話 モルグの脅威/第5話 不動のリリア/第6話 視線/第7話 闇の輝き

 戻ってきたブライアンの船に運ばれたアデス国王は、生きているのが不思議なほどの深手を負っていました。リリア姫は、国王に代わりオルデアンを取り戻す決心をします。
 闇に染まってでも、デイモスを倒す覚悟をするザマドの前に、デイモスが現れます。「光を信じて」と言う、ルチアとの思い出が、ザマドを守りました。ロザリアは、カオスのために、ザマドの魂を闇へ堕とそうとしていました。

 ビョルクを、モンスターかと疑うザマドが面白かったです。
イザベラは、アデス国王が好きみたいですね。強い男が好きな模様。コリンは、イザベラが好きみたいです。

(2018/12/22)

第8章

第1話 ピエトロの決意/第2話 守りたいもの/第3話 ずっと一緒に

 パウロ国王とサニア王妃に、近々出発すると告げるピエトロ王子の元に、鬼面童子が現れます。アルバの助言を聞き、ピエトロは、ナルシアをおいて旅に出る決心をします。

(2018/12/23)